人探し依頼では探偵と弁護士どちらが正しいか

行方調査・人探し専門サイトを運営する探偵興信所・日東探偵社では、人探し調査を行う場合に、探偵興信所と弁護士どちらに依頼すれば良いか?金銭トラブル(債務者の住所を特定)浮気問題(浮気相手の氏名や住所)訴訟に必要な情報の取得などを調べていくと探偵興信所、弁護士事務所という所に行きあたるでしょう。
初めて人探しを依頼しようとしている方にとって、弁護士と探偵にはどのような違いがあるのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。このサイトでは解説しています。

探偵と弁護士の違い探偵興信所ガイド

探偵と弁護士と違い
弁護士でも探すことができない人探し
弁護士に人探しを依頼するケース
探偵や興信所に人探しを依頼するケース
行方調査・人探しは探偵に依頼するべき

探偵と弁護士と違い

弁護士は、相談者から依頼を受け、トラブル解決に向けて事実確認や証拠収集の必要性がある場合には、弁護士においてもその職務上の権限で、ある程度の調査は可能です。例えば、相手の戸籍や住民票なども職務上請求で取得することができますし、その他、弁護士会照会、23条照会で、一般には入手困難なさまざまな情報を得ることはできます。携帯電話会社へ情報開示請求なども可能です。しかし弁護士では、尾行や張り込みなどの業務は致しません。

探偵は、尾行・聞き込み・張り込など、一般的に入手困難な情報をデータ調査を行い、人探しを行います。職務上請求で調べても見つからないような訴訟相手の所在調査・人探し・行方調査などにおいても、探偵事務所では判明するこことができます。

弁護士でも探すことができない人探し

不貞行為の相手方の住所を弁護士紹介、23条で氏名や住所を特定したとしても、現住所とは限りません。住民票以外の居住先に慰謝料請求を送付しなければなりません。記録上の住所以外の調査は弁護士では難しいのです。訴訟の準備等業務上必要な情報取得以外での請求は一切できません。ただ会いたい人を探して欲しいと弁護士に相談しても依頼を受けることはありません。

弁護士に人探しを依頼するケース

  1. 浮気相手又は配偶者を探し出して慰謝料請求したい
  2. 詐欺にあったので逃げている詐欺事件の犯人からお金を取り返したい
  3. 貸している金銭を返してもらいたいがその人が逃亡している
  4. 相続権利者を探しているので戸籍謄本を取得したい
  5. 金銭トラブルによる携帯電話番号から情報を取得したい

探偵や興信所に人探しを依頼するケース

  1. 初恋の人を探してほしい
  2. 同級生探し
  3. お世話になった恩師・恩人探し
  4. 金銭トラブルの債務者の現住所を特定してほしい
  5. 失踪した身内の行方調査
  6. 身内以外の人探し
  7. 嫌がらせ犯人の個人情報を入手したい
  8. 元交際相手と復縁したいので探し欲しい
  9. 元婚約者に会いたい
  10. 一目ぼれした相手を探し欲しい

など上記以外にも多くの人探しを行うのが探偵の人探し・行方調査・所在調査などの業務です。

人探しは探偵に依頼するべき

探偵人探し法的に権利者である場合には、弁護士に相談することが良いですが、一般的な人探し調査などは、調査のプロである探偵事務所・興信所に依頼するべきでしょう。弁護士でも探すことができない人探しでも、探偵では探すことが可能です。「餅屋は餅屋」という諺がありますが、人探しはやはり探偵に依頼しましょう。

  • tel:0120-15-7867