家出失踪・手がかりの見つけ方

家出失踪・手がかりの見つけ方探偵興信所・日東探偵社が運営する人探し調査・行方調査専門サイトでは、家出人調査を探偵に依頼する前に分かりやすく解説したサイトです。家出の状況を確認することは、人探し・行方調査を効率よく進行する上で、重要な作業です。全て探偵にお任せするだけではなく、情報を取集するなど協力することが大切です。またやみくもに探し回るのは避けましょう。

家出・失踪探偵ガイド

➤家出状況の確認
➤家出原因の分析
➤残された手がかり
➤足取りを追う
➤家出人を探す3つの方法

家出状況の確認

手がかりを予測するための一つの方法として、項目を幾つかに分けて各事項をよく確認し、分析をすることにより、家出直後の交通手段、計画性の有無、初期行動による足取りの推測が可能となります。初期の状況分析において確認できた事柄を検討して、家出人の現状での生活環境、行動範囲を踏まえた上で、改めて手がかりを発見します。

残されたメッセージ

家出の概要を把握するためには、残されたメッセージは探しだすためにとても重要です。家出人が残したメッセージの中には、その原因、計画性、自殺懸念の有無など、今後の調査の方向性が隠されていることが多いです。

家出の時間

家出の一般的な形態には、強烈な叱責や、喧嘩口論や暴力行為におよんだ時に、取りあえずそれを避けたり逃げたり、また、感情の高ぶりの挙句、家を飛び出すケースが多いです。家を飛び出した時間が、朝なのか?日中?夜間の家出なのか?計画性がある家出か判別できるかもしれません。

早朝の家出

  1. 電車・バスの利用だけではなく、新幹線・飛行機などの利用が考えられる
  2. 異性関係の失踪であれば、綿密な打つ合わせをしている可能性がある
  3. 浮気相手と事前に待ち合わせ場所も決まっていることもある

日中の家出

  1. 近隣などの手前、単に外出に見せかける場合がある
  2. 異性の存在があるということも考慮する

夜間の家出

  1. 親しい友人・知人を頼るケースがある
  2. 宿泊するところが限られてくる

所持金

所持金の状況を知ることは今後の調査に重要な意味を持ちます。それは、家出人の決意の固さをある程度、把握出来ると同時に、行動範囲や宿泊状況および、就業の必要性を絞る結果にも繋がりますから、探し側は可能な限り正確な状況を確認することが必要です。

服装・荷物

長期間に渡って家出を計画、準備をしていた様子がある場合、その原因も蓄積されたもので一時的な感情の問題とはいえず、決心は頑固と判断できます。

同行者の確認

同行者の有無は家出の原因としてだけではなく、その後の調査にも大きな影響を及ぼします。同行者の確認がされた場合、注意度、目的、方向、就業、土地勘など、家出人だけの状況で判断をしてはいけません。その多くは概ね話を持ち掛けた方が、家出の主導権を握る傾向にあります。

移動手段

家出人や同行者の車で移動している場合は、その車が大きな手掛かりとなり得ます。またレンタカーの利用が確認された場合、借りるには当然、免許証が必要であり、偽名での利用はほぼほぼ無理ですので、有力な情報が得られる可能性があります。

家出後の目撃情報

近所や友人。知人から、家出人や同行者の目撃情報や、探す側が把握していない有力情報が入ることは珍しくありません。

家出原因の分析

家出原因と家出目的との違いについて考えてみましょう。目的なく家出する人は少なく、殆どの方は何らかの目的があって家出を決行するものです。目的は千差万別。探す側の判断は、あくまでも推測の範囲でしかないです。現実から逃げたいから家出をしているのか?ある特定の人物、異性問題なのか?精神的なものなのか?家出人の状況を知っているのは近くにいる家族です。家出後、月日が経過している場合は、目的達成されていると言えるでしょう。何が原因なのか?過去の生活状況化から分析するしかありません。

家出の原因分類

  1. 恋愛・結婚
  2. 家庭不和
  3. 放浪癖
  4. 精神障害
  5. 学校や勉強が嫌い
  6. 職場への不満
  7. 精神的やまい。病気。疾患
  8. 生活が苦しくて
  9. 事業不振
  10. 学業不振
  11. 好奇心
  12. 都会への憧れ
  13. なまけ癖、だらしない性質
  14. 悪友に誘われて
  15. 罪を犯して逃亡

原因の把握

  • A:直接的な動機(性癖の異常性、計画性の有無、目的の有無、同行者の有無)
  • B:動機(性癖の関連、感情問題、家出時に喧嘩・暴力・虐待などの有無)
  • C:間接的な原因(正確欠陥の有無、心身の心配、根深い問題の存在、複合性の存在)
  • D:目的(無目的、浪費、自立逃避、同棲、逃亡)

残された手がかり

部屋を確認するポイント

  1. 電化製品や家具など残されている場合は、計画的で長期的である家出の可能性が高い
  2. 一部の私物が無くなっている場合は、短期的な家出と考えれる
  3. 携帯電話、財布、銀行の通帳など、部屋に残してある場合は非常に危険
  4. 普段の生活で時が止まったような様子だと、事件性があるのですぐに警察に相談する
  5. 財布やお金、通帳など全て部屋にある場合は自殺願望がある可能性が高い
  6. 旅行の本、地域の情報雑誌があれば、行先が濃厚
  7. キャッシュカードのみ持ち出して通帳が発見した場合、通帳記入することで預金を引き出した場所を追跡可能
  8. ゴミ箱はくまなくチェックする
  9. メモ紙や雑誌に何か書いてあるか確認

パソコンを確認

  1. パスワードかかっている場合はロックを解除できる業者を探す
  2. 検索履歴を確認
  3. お気に入りを確認
  4. メールを確認

通信手段

一般的な通信手段としては、携帯電話と一般加入電話(自宅)これらに家出人が手がかりを残していることが多いです。家出人が家出直前の発信・着信履歴を確認しましょう。その発信先や電話をかけてきた相手が家出人の行き先や目的などに大きくかかわっている可能性が考えられます。

家出人の足取りを掴む

家出人の手がかりの確認と同様に、家出人を発見するための初期段階の必要事項として、家出後の足取りを掴むことが挙げられます。その確認がどこまで出来るかが調査のカギであり、その後の調査に大きな影響をもたらす結果となります。そこで、家出人の足取りを掴むことで効率良く、尚且つ効果的に調査を進展させるために、有効な取材先はどの様な場所であるかを考える必要があるでしょう。

1、近隣への聞き込み調査

近隣への聞き込みは無駄ではありません。家出人が家出をする際、偶然に目撃されている可能性があります。近所の方は、意外と見てないようで見ています。家出人が大きなカバンをもって出ていったのを見たなど、時間・服装・同行者・交通手段などの有力情報を知っている場合もあります。

2、交通機関への調査

足取りを掴むために移動手段を確認することが先決です。家出人の向かった先の見当がつくなど、家出人発見に向けた有力な情報を入手できるからです。

  • 電車での移動
  • 飛行機での移動
  • 船舶での移動

3、引越し業者への聞き込み調査

家出人の家出した状況によりますが、家具一式全て持っての移動は、引越し業者を利用するケースが見受けられます。どの引越し業者を利用したか分かれば家出人発見の有力情報になります。

4、レンタカー会社への調査

レンタカーを利用する家出人は多く存在します。どのレンタカー会社を利用したか分からない場合でも、諦めずに、居住地域付近のレンタカー会社に聞き込み調査してみましょう。

5、不動産会社への聞き込み調査

全国で展開している賃貸専門管理会社では、専門窓口があります。事情を説明して情報開示を求めてみましょう。

6、大家への聞き込み調査

賃貸不動産会社で聞き込みが失敗に終わった場合、大家さんにダイレクトに聞き込みをすることで、判明したケースも多くあります。

住民票の異動を確認しよう

住民票の写しの交付について、住民基本台帳第12条で「何人でも、市町村長に対し、住民票の写しを請求できる」とされています。誰でも住民票の写しの請求ができる意味ではありません。「法律」では、 (市町村長は、住民票の請求が不当な目的によることが明らかな場合は、これを拒むことができる)と規定されています。住民票を請求するには、請求者(探す側)の住所、氏名と、請求に係る人(家出人)の住所、氏名が必要となります。家出人と探す側と同世帯員の場合は請求理由は必要なし。そうでない他人であれば、正当な事由が必要になってきます。

住民基本台帳の閲覧する為の正当な理由

  1. 調査対象者が債務者である関係のため、住所を確認したい
  2. 調査対象者の家族、親族にあたる人間が居場所の特定したいため
  3. 調査対象者に対して裁判、民事訴訟を起こすため
家出人が転出していると住民票は除票になりますが、除票は5年間保存され、その住民票の除票をとれば転出先が記載されています。

7、郵便局への郵便物転送先調査

家出人が居住していた住所に出された郵便物を別の場所で受け取る場合、郵便局への転居届が必要。一般書留で書類を送り追跡番号でどこの郵便局に届いたか分かるので、大体の住んでいる地域が分かることがあります。

8、ライフライン(電気・水道・ガス)

日常生活をする上で必要不可欠なライフラン(電気・水道・ガス)は、家出人も使用していることが多いです。通常、引っ越しなどで移転する場合、料金の窓口に使用の停止を申し込みますが、その際に使用料金の返金・領収書送付・未払い金の請求などのため、移転先住所や新しい連絡先を確認されます。

家出人を探す3つの方法

  1. 自分で家出人を探す
  2. 警察に行方不明者届をだす
  3. 探偵・興信所などに家出人を探してもらう
  • tel:0120-15-7867