70歳以上 2割超す

日本の総人口に占める70歳以上の割合が、今月15日時点の推計で前年より0.8ポイント高い20.7%、人数は100万人増しの2618万人となり、初めて2割を超えた。1947年~49年生まれの「団塊の世代」が昨年から70歳代になったことなどが影響した。17日の「敬老の日」にあわせて総務省が公表した。65歳以上の高齢者が総人口に占める割合(高齢化率)は28.1%、3557万人で、いずれも過去最高を更新した。高齢化率は前年より0.4ポイント高くなり、高齢者数は44万人増え、比較可能な1950年以降伸び続けている。総人口は少子化など影響で27万人減の1億2642万人。男女別の高齢者数は、女性が2012万人(高齢化率31.0%)と初めて2千万人を超えた。男性は1545万人(同25.1%)。日本の高齢化率は世界で最も高く、2位のイタリア(23.3%)より4.8ポイント高い。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、高齢化率は25年に30%、36年は3人に1人が高齢者になる。総務省の労働力調査によると、高齢者の就業率は23.0%で、10年前より3.3㌽上がり、主要7か国で最も高い。

高齢化率が高い上位5か国

1 日本 28.1% (3557万人)
2 イタリア 23.3% (1382万人)
3 ポルトガル 21.9% (225万人)
4 ドイツ 21.7% (1783万人)
5 フィンランド 21.6% (120万人)

※ 総務省と国連の2018年の調査からカッコ内は高齢者数

日本の人口推移

総人口 前年比増減率
1910(明治43) 50,984,840 -
1915(大正4) 54,935,755 +7.7%
1920(大正9) 55,963,053 +1.9%
1925(大正14) 59,736,822 +6.7%
1930(昭和5) 64,450,005 +7.9%
1935(昭和10) 69,254,148 +7.5%
1940(昭和15) 73,075,071 +5.5%
1945(昭和20) 71,998,104 −1.5%
1950(昭和25) 83,199,637 +15.6%
1955(昭和30) 89,275,529 +7.3%
1960(昭和35) 93,418,501 +4.6%
1965(昭和40) 98,274,961 +5.2%
1970(昭和45) 103,720,060 +5.5%
1975(昭和50) 111,939,643 +7.9%
1980(昭和55) 117,060,396 +4.6%
1985(昭和60) 121,048,923 +3.4%
1990(平成2) 123,611,167 +2.1%
1995(平成7) 125,570,246 +1.6%
2000(平成12) 126,925,843 +1.1%
2005(平成17) 127,767,994 +0.7%
2010(平成22) 128,057,352 +0.2%
2015(平成27) 127,094,745 −0.8%

 

  • tel:0120-15-7867