失敗しない探偵の選び方とは

失敗しない探偵探偵興信所・日東探偵社が運営する人探し・行方調査専門サイトでは、失敗しない探偵選び方を実際に体験した事例を踏まえ、ご説明しています。

失敗しない探偵選びと依頼方法ガイド

➤人探し・行方調査を依頼する探偵選びの重要性
➤上手な探偵依頼方法とは
➤人探し調査依頼して良かった探偵事務所
➤人探し調査依頼で失敗する探偵選び
➤探偵選びチェックポイント

人探し・行方調査を依頼する探偵選びの重要性

どこの探偵事務所に、人探し調査・行方調査を依頼するかは、とても重要なことです。探偵業界、人探し全般の調査は決して安い調査費用ではありません。探したい方の情報が、比較的新しく正確性があれば、調査費用も低額で探し出してもらえることが多いですが、もちろん情報が古く曖昧で正確性が薄い情報であれば、必然的に調査の難易度は上がってきてしまいます。探偵事務所の中には、高額の費用を支払ったのに関わらず、何も結果が出なかったとう相談も当社では実際に聞いています。だからこそ人探し調査・行方調査での探偵選びが重要なのです。

上手な探偵依頼方法とは

上手な探偵依頼方法とは、1社の探偵事務所だけに相談するのではなく3社ほど電話相談やメール相談をすることが良いでしょう。第一にどこまで調査が可能か?自分の目的に沿った調査を引き受けてくれるか聞きましょう。相談した探偵事務所の担当者に対して違和感を感じるならば、その探偵か会社を選ぶことはしないようにすることも必要です。探偵と依頼者との人間関係の信頼関係が築けると感じたら、次は金額です。人探し調査・行方調査の依頼の決め手は、金額が安いからだけで選ぶことは控えた方が良いです。しっかり予算を伝えて予算を超えないよう書面に記載してもらうことが安心を得られるポイントです。調査を依頼してから途中経過報告があるのか?も聞いてみましょう。

●人探し調査費用については、費用だけを考えるのではなく見つかるためにどれだけの調査が必要でどれくらいの金額がかかるのかが重要です。
●予算に合わせた調査プランを提供してもらうことも必要です。
●契約金以外に調査後に請求されないか確認すること
●担当者との信頼関係が構築できるか?

人探し調査依頼して良かった探偵事務所

人探し調査・行方調査については、どんな依頼でも引き受けれるという訳ではありません。事件につながる可能性のある場合や、差別的な扱い、ストーカー目的での調査依頼は、引き受けれませんが、人探し調査では全ての方が、ストーカー事件につながるとは日東探偵社では思いません。相談内容に嘘がないか?調査目的に嘘がないか?電話や面談にて確認して、当社規定の条件にクリアすれば依頼は可能です。人探し調査では、結果がでることが肝心ですが、探し出した後も、アフターサービスは徹底しています。

  1. ストーカー扱いせず悩みに向き合い相談を聞いてくれて引き受けてくれた
  2. 親身になって悩みを聞いてくれて最後まで対応してくれて探してくれた
  3. 探してくれた後も、問題解決に向けて動いてくれた(手紙を渡してくれるサービスがある)
  4. 電話相談から話しやすく気持ちが楽になった
  5. 面談場所が喫茶店だったが、人気のないテーブルを選んでくれて話しやすかった
  6. 面談場所が事務所ではないが、飲食店の個室を用意してくれて相談しやすかった
  7. 遠方だったが契約書を郵送してくれて探してほしい人を探してくれた
人探し事例 他の探偵会社では、優良な探偵会社の定義で使われている文章では、喫茶店で契約する探偵会社は信用できない、事務所での面談・契約しない会社は要注意と記載されていますが、探偵もサービス業です。相談者の仕事が忙しく、また家族に分からない様にしたいから事務所まで行く時間がないこともあります。どこで契約するかなんて関係ありません。豪勢で立派な事務所があればいい探偵事務所なのか?経費削減すれば、必然と調査料金にも良い影響あるのです。考えればよく分かるでしょう。

人探し調査依頼で失敗する探偵選び

  1. 大手探偵事務所なら安心と思って人探し調査の依頼をしてしまった
  2. 調査料金が高かったので見つかると思ったが結局探してもらえなかった。
  3. 金額が安いので依頼してしまった
  4. 人探しで検索すると広告でよく見るHPで安心して依頼してしまった
  5. 相見積りで一番安い探偵を探して依頼してしまった
  6. 探偵ランキングサイトで安易に選んでしまった
  7. 業界団体に加盟している探偵だったので安心して依頼した
  8. 絶対探せますというので信じていたが、結局探してもらえなかった
  9. 口先がうまい担当者に騙された
  10. 事務所がしっかりしているからと安心して依頼したが駄目だった

探偵選びチェックポイント

  1. 探偵業届出を公安委員会に出しているか?
  2. ホームページ内に代表者の名前が記載されているか?
  3. 調査料金が適正か?
  4. 料金体系が他社と比較して低すぎないか?
  5. 探偵事務所は存在しているか?
  6. 行政処分を受けたことはないか?
  7. 人探しについて質問してもきちんと回答できるか?
  8. 面談して担当者の経験数を聞いてみよう
  9. 人探し調査・行方調査の実績・案件数は多いか?
  10. 探偵会社の担当者との相性が合うかも重要

人探し殆どの方が、人探し・行方調査を依頼したい時に、探偵事務所・興信所を探す方法はネット検索ですね。広告のキャッチコピーに誇大表現はないかなども重要です。人探し調査で判明率が98%なんてありえません。

  • tel:0120-15-7867